ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央線、お客と新顔といつもの面々。

2014.06.08 (Sun)
一週間の写真をまとめて更新。更新間隔がランダムすぎますが気のせいです。
今回は、県内に来たお客様と新顔といつもの面々を適当な文章とともに。

5/31

「岡谷に茶釜がいる」との事なので、ビールと夕飯を我慢し、ずくを出して岡谷まで移動。入場券を買ってホームに入ると、横でパンタを下ろして休んでいました。

ちゃがま
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
EF64-37+チキ f4.5 1.3 ISO200
岡谷駅

三脚を一脚状態にしてなんとか撮影。前が暗くなるのはしょうがない感じ。
茶色のEF64は初めて見ましたが、なかなか渋くてカッコイイ。走行中を撮ってみたいですが、場所や時間的にあまり贅沢はできないところ……
何枚か撮影後、家で冷えてるビールと空腹感に我慢できず帰宅。途中、暗闇で待機してるレーダーパトカーに遭遇してビビりまくったのは公然の秘密である。

6/7

友人がこちらに来るので一緒に撮影に。この日は朝から雨だったので、うまく撮れるか試すため朝からいつもの場所へ移動。目的は毎度おなじみの山スカになったC1編成です。

やますか
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
115系(C1編成) f6.3 1/800 ISO800
茅野市ちの

うむ、暗い()
パラパラというレベルを通り越した雨だったので、仕方ないとはいえ、もうちょっと撮りようがあったんじゃないかと反省。
毎度毎度同じ場所でC1撮るのも芸がないというものですかね……
そして次の甲府行きも撮影。

こうふいき
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
211系(N316編成) f6.3 1/800 ISO800
茅野市ちの

助手席側になぜか「高圧用ゴム手袋」の箱が()
どうにか撮影できそうなので、友人の到着を待ちます。

集合場所の下諏訪に行くと、すでに雨は上がっていました。傘ささなくていいのは助かります。そして何本か列車を撮影。
今回は岡谷側をからの貨物を撮影。

たきたき
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
EH200-13+タキ f7.1 1/1000 ISO400
岡谷市長地

架線からの鉄粉なのか花粉なのか、前面が汚れてワイルドに()この位置も徐々に草が伸びてきて、列車と少し被ってしまいます。

その後、ハルピンラーメンで昼食を取り、岡谷に移動。
そのままグーグル先生を頼りに塩嶺トンネル入り口手前の高架橋上の跨線橋へ移動します。

あずさおかや
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E257系(M201+??編成) f6.3 1/1000 ISO800
岡谷市川岸

旧線の架線柱がかかってしまいますが、これでも初めての場所で苦心した結果。ムズカシイネ-
実はこの列車通過の結構前に到着していたのですが、腹痛のために友人を一人雨の岡谷の中残し、しかも畳んだ三脚の面倒まで見させて、トイレに行ってきました()一応、三脚は場所取りには使わない主義。

先ほどのあずさの通過後、お目当ての列車が来ました。

なごみ
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E655系和(なごみ) f6.3 1/1000 ISO800
岡谷市川岸

およそ一年ぶりの撮影。普段はお召し列車として活躍するだけあって、車体はピカピカ。デザインも塗装も美しいですね。
そしてこれで撮影終了。友人と何箇所か行って別れました。雨の中、わざわざ遠くまでありがとうございました。

と、ここまでで中央線のお客といつもの面々。次は新顔です。

6/8

先日運用が開始された、211系の6両固定編成が撮影できそうなの出撃。
雨の予報でしたが、見事に晴れて少し暑いほどでした。まあ雨よりはそのほうがいいですが。

N601かーぶ
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
211系(N601編成) f6.3 1/640 ISO200 (トリミング済み)
諏訪市四賀

150-500持って出撃するずくはなかったので、いつもの55-250で撮影しトリミング。串ったり背景がどうこうとかは気にしない方向で。
電気連結器が無いので、3連と比べるとスカートの形状違います。というか右上のデコが白くなってるのが結構目立ってますね。
ところで、3連はN300台で6連はN600台ですが、3連の01番とか6連の01番とかそういうことなんですかね……
今後も増えていきそうな感じなので、C編成の記録は思い残すことがないようにしたいところです。

その後、一旦帰宅しカメラボックスのシリカゲルを炒めて復活させたり提督業を済ませたりした後、いつもの撮影地に移動。
松本で折り返してくる上りのN601編成を狙ったのですが、先に下り列車がやってきて被りそうでヒヤヒヤ。コンテナ貨物にしては時間が早く、普通列車かと思って上り方を見ると、頭に2つの前照灯を確認。なんじゃありゃ、と思ってると、

ちゃがままえ
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
EF64-37 f5.0 1/800 ISO200
茅野市ちの


ちゃがまあとうち
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
EF64-37 f5.0 1/800 ISO200
茅野市ちの

まさかの茶釜の単機回送()わかってれば別の場所行ったんですがね……一枚目はパンタ切れ。二枚目は下がカツカツ。急に来たとはいえもうちょっと頑張りたかったですね。
その後、N601編成がやって来ました。

N601すとれーと
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
211系(N601編成) f7.1 1/800 ISO200
茅野市ちの

上り側はまたおでこが白いですね……そういえばC編成と違って、6連はどちらにも貫通幌をつけてないみたいですね。
個人的には211は幌ないほうが好きです。
と、これがお客と新顔でした。

そんなわけで、撮りたいものが撮れて満足した週末でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。