ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠ノ井線

2013.12.13 (Fri)
お久しぶりです。

先々週は実家に帰っていましたが、別所線やしなの鉄道ではなく、篠ノ井線まで足を伸ばしてきました。
今回行ったのは、お立ち台通信で紹介されていた場所です。

やま
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E127系長野行き f9.0 1/400 ISO200

麻績村にて

もう少し早く行けば列車の前面に日があたっていたと思われます。しかしテレビ見てだらだらしてるうちに出発が遅れました。
架線柱の処理や列車の位置など、まだまだちゃんと設定すべきですね。

続いて篠ノ井線沿いに南下して、坂北駅近くのカーブへ。

211
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E127系快速松本行き f9.0 1/640 ISO200

筑北村にて

ここは坂北駅を出てすぐのところなので、普通列車などは比較的スピードは出ていませんが、特急はそれなりの速度で通過していきます。特急しなのも撮影できます。
さつえいをしていて、篠ノ井線がほとんどE127になった事を改めて実感しました。いままでの115系は最初の写真の撮影地に到着する前に目撃しただけで、それ以外は14時頃に帰るまでに一度も見ることがありませんでした。

何本か撮影後、帰ろうと思いふと坂北駅によると貨物が停車中でした。よく見ると、牽引している機関車が試作機であったので、再びカーブに戻ります。

しさく
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
EH200-901号機 f10 1/320 ISO200

筑北村にて

側面に日が当たらなくなりましたが、ひとまず撮影に成功。
試作機であるEH200-901号機は、側面にブルーサンダーのロゴがないのと、運転台のセンターピラーがあるのが、目立った量産機と違いです。
901号機は、約一年前にたまたま来たのを撮って(失敗)以来でしたが、ようやくまともな写真を撮ることが出来ました。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。