ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上田電鉄別所線 赤坂上駅(その2)

2012.12.10 (Mon)
前回に引き続き、またまた上田電鉄別所線の赤坂上駅周辺での撮影です。

赤坂上駅から、上田原駅方面を見ていると、なにやら明かりが見えてきました。

あかさかうえ2の1
赤坂上駅前から f5.6 1/320 ISO100
かげろうでゆらめいている。

どうやら上田原駅で客扱い中のようです。電車の左に見える浮いてる人は、お客さんです。ホームがかげろうで見えないだけです。多分。

しばらくすると、駅前の踏切が動作し始めました。

あかさかうえ2の2
赤坂上駅前の踏切にて f5.6 1/320 ISO100
動作開始。

別所線といえば、通称「高速踏切」と言われるやたら音のテンポが早い踏切がありますが、残念ながらここは普通の踏切です。

数十秒後、赤坂上駅に列車が到着しました。

あかさかうえ2の7
赤坂上駅前の踏切にて f5.6 1/320 ISO100
上田行き列車が到着。

到着したのはやけに近代的な電車ですがそれもそのはず。2008年にやってきた、1991年製の東急の電車なのです。 ちなみにボクとおなじく21歳です。
上田電鉄は、近所に東急の事実上の創始者である五島慶太の出身地があるため、東急グループとなっています。その縁があってか、こんな光景がみれたりしています。

到着した電車は数人の乗客を乗せ、インバータの音を立てながら坂を下って行きました。

あかさかうえ2の3
赤坂上駅前の踏切にて f5.6 1/500 ISO100
上田に向けて出発。

ちなみに、上田までの運賃は170円。割りと多くの乗客が乗っていました。

あかさかうえ2の5
赤坂上駅前の踏切にて f3.5 1/4000 ISO100
踏切一旦??

踏切でよくありそうな標識発見。したのはいいのですが、おそらく赤文字で書かれていたであろう言葉が見事に消えてしまっています。
「踏切一旦停止」なのか「踏切一旦停車」なのか。それとも別の言葉が入るのか。なんとなく気になってきます。
しばらくして、今度は別所温泉行きの列車が来ました。上田駅で折り返してきたようです。

あかさかうえ2の6
赤坂上駅前の踏切にて f5.6 1/800 ISO100
塩田平へ。

しかし、乗客は一人も降りず、一人も乗らず、そのまま発車してしまいました。

一時期は、他の路線と同じく利用者の減少が凄まじかったそうですが、様々な利用促進活動で、利用者の減少は縮小傾向にあるそうです。
ローカル線といえば「一日数本」とかいう典型的なアレがありますが、別所線は約30分に1本。都会に比べれば少ないですが割りと多いのです。
そして、最近は利用促進活動が変な方向に走ったりしてますが、これはこれで()

みなさんも別所温泉に入りに来たり、一度いらしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。