ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上田電鉄別所線 赤坂上駅(その1)

2012.11.29 (Thu)
お久しぶりです。
三連休に帰省したので、またまた写真を撮って来ました。
今回は、上田電鉄別所線赤坂上駅周辺で写真を撮影しました。

上田電鉄別所線は上田駅から別所温泉駅までの11.6km、15駅を結ぶ鉄道路線。開業は1921年で当時から別所温泉に向かう人々を運んでいました。ちなみに現存する長野県の私鉄(長野電鉄、アルピコ交通、上田電鉄)の開業は1921~1922年です。
昔は上田駅で真田傍陽線が、上田原駅で青木線が、下之郷駅で西丸子線がそれぞれ接続していましたが、どれも廃線になってしまいました。
開業当初は自社発注の車両などが行き交っていたそうですが、現在は東急から譲渡された車両が走っています。

あかさかうえ
赤坂上交差点付近から浅間山と上田市街と f5.6 1/640 ISO100
電線が入ってます()そしてお顔が暗く……ここは縦アングルよりも横の方がいいかもしれませんね。

赤坂上駅は、文字通り赤坂の上にあります。上の写真のように、上田駅よりの三好町駅からかなり急な勾配で登ってきます。

あかさかうええきめい
赤坂上駅前から f5.6 1/2000 ISO100

付近は住宅街と飲食店(ラーメン屋四件密集、モ○バーガー、その他多数)があり、上田千曲高校の最寄り駅でもあるため、利用者はそれなりに多いです。

あかさかうえ1
赤坂上駅前から f5.6 1/500 ISO100

あかさかうえ2
赤坂上駅前から f5.6 1/1000 ISO100
「いかにも」なローカル線の駅ですが、いい具合に町中に溶け込んでます。

赤坂上~上田原は線路が一直線で、駅間も700mなのでよく見るとホームの屋根が見えます。

あかさかうえ3
赤坂上駅前から f5.6 1/500 ISO100
寒い日だったが、日が射してるのでかげろうがゆらゆら。

少し線路の横の土地が広いのは、昔複線だったからです。上田原で接続していた青木線が乗り入れていたためだそうで。
架線柱が一直線に並んでいる風景、電柱萌えだったり都市好きだったり鉄道(施設)ファンだったりエヴァ好きな人にはたまらないですよね?ね?ね?ね?(武器を突きつけながら)
まあ、好き嫌いは個人の自由なのでいいですが、最近は電柱地中化などで、町中の建物の谷底の細い交差点+デンセンマシマシチュウジョウトランスカラメが減っているのが残念です。

そんなこんなで写真を撮っているうちに、上田原方に明かりが見えてきました。
続く

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。