ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改良型の案とか。

2011.11.06 (Sun)
昨日更新するのを忘れてしまいました……申し訳ありません。

さて、最近UGVの作業をあまり進めていないので、ちょっと考えたことを。

今度のUGVには電磁装甲を搭載する(相変わらず載せたいだけで何に対抗してるんだという)予定なのですが、それには今までと違うセンサの方式でないといけないわけで。
まず、前に行った実験では、コイルガンの砲口にセンサを付けて、適度な距離で金属板が発射される仕組みにしていました。
いままで
大体こんな感じです。
実験なので仕方ないのですが、これではあまり役に立ちません。なので、今度はレーザーで網を張るような仕組みにしようと検討しています。
こんごよこ
前方の、適切に動作する位置にセンサを設置する予定です。
前方から見るとこんな感じ。
しょうめん
簡単にいえば、レーザーをミラーで反射させるだけです。レーザーの隙間は少なくとも6mm以上になると思います。
また、この図では弾に対して垂直になってますが、実際には似たような仕組みの「爆発反応装甲」が最も効果的と言われる、30~45°にするかもしれません。ただ対応する面積が小さくなるのでどうかなーと。


さて、ハード面はもうほとんどいいのですが、プログラムが残念なことになっています。
未だにH8/3694で、サーボを8つばかり動かすプログラムが一向に動かないわけで。
残念なのですが、どなたか直していただけるかたいらっしゃいませんかね……?
こちらに、ファイル公開しておきます。HEWで開発しています。

よろしくお願いいたします。申し訳ありません……

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。