ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信越山線遠征。#2

2015.02.22 (Sun)
2/7
前回からの続き。

列車が少ない時間を狙って片貝を離脱しようとしたのですが、往路以上に雪に足を取られました。人の足跡があるところを踏んでも、何故かズボズボと膝くらいまで沈む謎トラップだらけ。10mに1回のペースでそんなのに引っかかるので、気づけば結構な時間が立っていました。

足場が安定したところで、風景なども撮影。

せつげん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
雪原と妙高連山 f8.0 1/2500 ISO200
上越市中郷区片貝

雪原の向こうに学校のような施設が見えますが、何度か屋根から大きな音をたてて雪が崩れ落ちていました。直撃したら間違いなく死にそうです。

風景を何枚か撮影していると、二本木方面からほとんど無音で列車がやって来ました。

しうんてん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
E127系(V2編成) f8.0 1/2500 ISO200
上越市中郷区片貝

やってきたのは、直江津まで行っていたえちごトキメキ鉄道の試運転列車。たまたま線路方向を向いていたので気づくことができました。
それにしても、雪のあるところではホント音が聞こえなくなりますね。積雪地の長野県民ですが、改めて雪の恐ろしさを実感しました。
続けて後追い。

しうんてんあとおい
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
E127系(V2編成) f8.0 1/2500 ISO200
上越市中郷区片貝

雪原を行く列車。とかいう感じで。いきなり来たので構図の決めようがありませんでした。

そんなこんなで、次の列車の時間になったので、ここで撮影していくことにしました。

てん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
115系(N?編成) f8.0 1/2000 ISO200
上越市中郷区片貝

近くに、線路の方へ伸びるウサギかテンの足跡を見つけたので、一緒に入れてみました。
もっと車両が大きく入るようにしても良かったかもしれません。
この後、片貝を離脱。次の撮影地に向かいつつ、昼食をとります。

昼食は、国道18号沿いの食堂ニューミサで味噌ラーメンを注文。

にゅーみさ
SH-02E
上越市中郷区稲荷山

玉ねぎともやしが多く、にんにくが非常に効いていました。玉ねぎはしっかり炒められているようで、甘くて美味しいです。やっぱ冬は味噌ラーメンが一番。

昼食後、再び長野県に戻り、今度は国道18号の信越大橋の上から妙高号を狙います。
信越大橋は、名前からしてバイパスや新道感があふれていますが、どうやら橋の下のスノーシェードのあるヘアピンカーブした道が、旧18号のようです。
到着時にはすでに、老若男女10名ほどが待機しており、端に混ぜてもらいました。

みょうこう
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
189系(N102編成) f7.1 1/1250 ISO200
上水内郡信濃町野尻

みょうこうに
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
189系(N102編成) f7.1 1/1250 ISO200
上水内郡信濃町野尻

二枚目が本命。逆光ですが仕方ないのです……きっと。
ちなみに、右上に見えるのが、多分黒姫山。地元ならまだしも、山はさっぱりわかりません……とか言いつつ、割りと地元の上田の太郎山すらわからないという……
朝、一人乗りロータリー除雪機で歩道を除雪していたとはいえ、結構な雪が残っていますので、滑ってすってんころりんとかしないように、反対側への追っかけはしないほうが無難です。

妙高号が去ると、ほとんどの方は帰ってしまいましたが、我々は普通を一本撮ってから、次の撮影地に移動することに。
ボクは、橋の反対側で国道18号の旧道沿いの集落と絡めてみることにしました。

ゆきぐに
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
115系(N?編成) f7.1 1/1250 ISO250
上水内郡信濃町野尻

こちらは、列車の左はすぐにトンネルで、右側は林。ちょっとだけ開けている場所で見えるのは3両で限界のようです。
雪深い国境の集落を行く電車。という感じで自分ではお気に入りです。
ちなみに、この前にしなの鉄道の試運転列車が来たのですが、よそ見をしていて、タイフォンで気づくという。顔を上げた瞬間には7割方トンネルに入り、シャッター切った瞬間には、おしりしか見えていないという状態……
そんなこんなで撮影を終了し、更に南下して次の撮影地へと向かうのでした。
#3へ続く。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。