ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信越沿線散歩。#4

2015.02.03 (Tue)
1/10
しばらく開きましたが、再び続き。

現在地:長野市南千歳付近
いつものポンちゃん踏切での撮影後、ささっと昼食をとって、妙高の返しを撮影しようと思い、足早に長野駅前へ。
しかし、目当てのラーメン屋は両方共店の外まで伸びる行列ができていたため、仕方なく撮影後に昼食とすることにしました。

そんなこんなで長野駅から線路沿いに歩いて、踏切ごとに偵察。そんな中、長野市役所前の踏切が、長野駅から発車している様子がわかりやすそうだったので、妙高号発車まで待機することにしました。
しばらくして、妙高号がやってきました。

みょうこう
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
189系(N102編成) f7.1 1/640 ISO250
長野市鶴賀

逆光ですが、それは仕方ないので我慢。
後ろに、長野駅新立体駐車場が入りましたが肝心の駅は微妙な感じになってしまいました。
そして、ピントが微妙……連写した内、これが一番マシなものだったのです。S12編成の試運転や朝の妙高号での合い方は何だったのか。

その後、再び長野駅前に移動し昼食に。今回はみそ家で「味噌らぁめん」をいただきました。冬はやっぱり味噌ラーメンが一番。

昼食後、改築も終盤の長野駅を撮影。

ながの
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
長野駅(善光寺口) f7.1 1/640 ISO250
長野市南千歳

見慣れた長野駅はどこへやら。
二年ですっかり立派になりました。
長野駅前のウェストプラザから伸びるペデストリアンデッキも、ようやく長野駅へと接続。18年もトマソンやってた歩道橋も喜んでそうです()

あとち
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
長電入り口跡地 f7.1 1/400 ISO250
長野市南千歳

また、長野電鉄の地下への入り口も予定通り撤去され、埋め立てられました。

えれべーた
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
エレベータ f7.1 1/640 ISO250
長野市南千歳

また、バス停屋根下には、車いすの方も降りやすいように、エレベータが新設されました。

えすかれーた
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
地下エスカレータ f7.1 1/80 ISO400
長野市南千歳

また、長野駅自由通路の善光寺口のエスカレータ前には、地下へのエスカレータの新設工事が行われていました。
当初計画では、大屋根外に独立して設置される予定でしたが、利用者が雨や雪に濡れないように変更になったようです。
地下では、MIDORI地下入り口前の地下自由通路へ、直角にアクセスするようです。

しなのろご
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
長野駅案内板 f6.3 1/100 ISO800
長野市南千歳

長野駅自由通路の善光寺口側には、長野駅の案内板がLED照明タイプとなり、復活していました。
JRロゴ右側のシールの下には、しなの鉄道のロゴがあるようで、微妙な凹凸で判別できました。

自由通路の新幹線側には、北陸新幹線延伸と、経営移管されて開業する北しなの線のタペストリーが交互に掲出されていました。
また、JR東日本系列のコーヒーショップが一旦閉店し、長野市の観光案内所との併設化のための改装も実施されています。

たぺすとりー
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
タペストリー f6.3 1/200 ISO800
長野市南千歳


この先に、在来線改札口横にあったNEWDAYSが移転したのですが、従来のオレンジ色をメインとしたタイプのロゴと店員さんの制服から、新たに決まった緑をメインとしたロゴと制服に変更されていました。

そんなわけで、四回にわけて、三才駅から長野駅まで歩いたまとめでした。

いずれ、長野駅改築のまとめも書きたいところです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。