ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水も滴るE2系。

2014.09.07 (Sun)
8/16
今更ですがお盆の撮影の記事。漬物になりそうな写真をささっと数枚。

ずっと雨や曇りで、例年に無く涼しかった今年のお盆。16日は晴れそうだったので、無いずくだして五里ヶ峯トンネルの屋代側坑口へ。

実家を出発した時は晴れてたはずが、道中半分過ぎたあたりで曇り始め、到着時には見事な大雨()
「せっかく来たし雨の新幹線撮ってくかー」ということで、トンネル脇の45°位ありそうな坂を登山。すぐに列車が来るので、急いでセットして撮影しました。

ごうういーに
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E2系(N2編成) f5.6 1/1000 ISO1600
千曲市屋代

ちょうど雨が強くなった頃に通過したので、ものすごい水飛沫をあげていました。
流し撮り以外で、列車のスピード感を出すのはなかなか難しいですが、雨や雪であればいつもの構図やSSでも表現できるのでいいですね。頭に雪積もらせたり、濡れなければさらにいいのですが(無理

それからしばらくして、今度は後ろからE7がやってきました。

いーなな
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E7系(F7編成) f5.6 1/1000 ISO1600
千曲市屋代

やってきたのは初撮影のF7編成。上りで来てくれればしっかり記録できたのですが、下りだと防音壁が大きくかぶってしまいますね。

続いて、雨が弱くなってきた頃にもう一本。

しょうういーに
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E2系(N10編成) f5.6 1/1000 ISO1600
千曲市屋代

ちょっと早切り。そして水飛沫は少なめ……(◞‸◟)
「豪雨」とか言われるくらいの雨じゃないと、最初のような水飛沫は難しいようですね。
高崎などのように、真ん中に通過線があるところであれば撮影しやすそうですが、北陸新幹線にそんな駅は無いので、外に出てるしか無いですね。

そして再び後ろから降りが接近。
振り向いてみてみると、なにやら見覚えのある形で……

えぬにじゅういち
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E2系(N21編成) f5.6 1/1000 ISO1600
千曲市屋代

やっぱりおまえか。と、言わんばかりのN21編成。新幹線撮影に出ると、高確率で遭遇するのですが、今回もやって来ました。
量産先行車の相方N1編成は廃車になってしまいましたが、N21は最後まで走ってほしいものです。

続いて上りをもう一本。

いいに
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E2系(N3編成) f5.6 1/1000 ISO1600
千曲市屋代

少し明るくなってきまいしたが、やはり水飛沫は少なめ。まあしかたないですね。

この後、後続のE7も撮影したのですが、見事にピンぼけしてしまいまいした。
置きピンだったのですが、ずれてしまったのか……

そんなわけで、新幹線撮影でした。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。