ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰省.

2012.09.19 (Wed)
だいぶ更新が遅れましたが、先週も実家に帰省してきました。

今回はAmazonでカメラ用バッグを購入したので運用テストも兼ねて、日曜に写真を撮りにブラブラとおでかけ。

まずは上田城跡公園の櫓を下から。

やぐら

千曲川(信濃川の長野県内での名称)の河岸段丘の上に作られたので、20mくらいの高さがあります。しゃがんで撮影。

次にけやき並木のお堀の底にある上田電鉄真田傍陽線の公園前駅跡。

こうえんまえ

冬とはまた違って夏らしい明るい廃線跡になってます。
バリアングル液晶ウェェェェェェェェェェイ(☝ ՞ਊ ՞)☝
ここまで二枚ともバリアングル液晶でライブビューモードを使ってます。AFの場所決めるのもなかなか楽ですね。

その後アリオ上田近くの専売公社専用線の橋台跡へ。

せんばい

写真中央の広いのが橋台。当然のことながら、専用線が複々線とか超広軌だったわけではなく、カーブ分がこの幅として現れているだけ。
国土地理院の2万5千分の1地図を見ると、大体南に30~40°の角度で伸びていたらしい。踏切付き。分譲住宅地「天神の杜」の北西側の直線は専用線の跡とみてよさそう。
国土地理院へのツッコミどころとして、143号線バイパスが片側2車線化している(2005年以降)、上田坂城バイパスが開通している(18号線2011年)のに、2011年にはすでに建設が始まっていたアリオ上田が専売公社上田工場のままで、なおかつ数十年前に消滅した専用線と踏切が残っているのは一体どういうことかね?

ちなみに、この橋台はしなの鉄道の線路に踏切を設けて、写真左から右に市道を作る計画があるため、近い将来に消滅する可能性が高いです。この幅だとボックスカルバート化でしょうか。ギリギリでずれてるといいですが。

かせん

架線柱いいよね架線柱。青すぎる空。

撮影場所を探しに迷走した挙句、微妙な位置になってしまったという。

うえだてっきょう

別所線のシンボル、名所の千曲川鉄橋。去年塗り直されて綺麗になった大正13年生まれの88歳。右の空がなんか白飛び間近。
走ってるのはまるまどりーむ号と言われる、かつて走っていた丸窓電車を再現した電車。内装が木目調だったり、なかなかレトロらしい。

そんなわけで写真だらけですが更新完了。写真うまくなるように頑張りたいですね。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。