ベッド下ラボのぼやき

鉄道写真、廃線廃道、コイルガン…なんでもありのベッド下ラボからのぼやきとレポート。

旅行 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京遠征(そのさん)

2014.05.14 (Wed)
二週間近く経ちますが、東京遠征最終回です。
リンクに「風の吹く駅」様、追加いたしました。

5/3(そのさん)
秋葉原から浜松町駅に向かい、東京モノレールへと乗り換えます。
友人からの情報で、一本待ってでも前面展望席に座ったほうが面白い。との事なので、空港快速を見送り、その後の区間快速に乗車します。

たいきれつ
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
東京モノレール1000形 f8.0 1/160 ISO400
浜松町駅

今まで、モノレールの浜松町駅は二線だと思っていましたが、あの本数を一線で捌いているんですね……

ぜんめん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
運転台後ろ f5.6 1/60 ISO400
浜松町駅

ちゃんと運転台後ろを確保。
発車すると、すぐに空を飛んでるような景色になります。モノレールは某ディズ◯ーランドのしか乗ったことがないし、アレも外見てなかったので非常に新鮮でした。

くろす
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
クロス f5.6 1/1250 ISO400
浜松町~天王洲アイル

発車してすぐに、JR線をまたぎます。

たいこう
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
発車してすぐ f5.6 1/1250 ISO400
浜松町~天王洲アイル

そしてすでに対向が来ているという激しい過密っぷり()

とうかいどうせん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
東海道線と並走 f5.6 1/1250 ISO400
浜松町~天王洲アイル

東海道線としばらく並走した後、モノレールは方向を変え、京浜運河の上に出ます。
それからしばらくして天王洲アイルに到着。停車中の車内からキヤノンのビルを発見したので撮影。

きやのん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
キヤノンITソリューションズ f5.6 1/640 ISO400
天王洲アイル駅

その後、建物やおばちゃんの頭に被るレインボーブリッジを見たり何なりしながら、目的地の大井競馬場前駅に到着。
対向列車が見えたので、ホーム端で撮影しました。

1000
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
1000形(1067) f5.6 1/1250 ISO400
大井競馬場前駅

手前の柵が邪魔ですが、柵のはいらない位置に行くと、乗ってきた列車の運転士さんの邪魔になりそうでしたので離れて撮影。
ここで気づいたのですが、東京モノレールでは、昼間は前照灯つけてないみたいですね。

この列車を撮影後、ひとまず改札を出て周辺をぶらぶら。駅の真横には厩舎があり、入り口には警備員さんが立っていました。と、その横に面白いものを発見。

かつじま
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
勝島二丁目 f5.6 1/800 ISO400
東京都品川区

ここの地名は「勝島(かつじま)」やはり競馬場があるので、それだけに勝島なのでしょうか()と、思いきや、埋め立てが開始された当時、「日中戦争に勝てるように」とのことで、「勝島」と付けられたそうで。競馬で勝てるとか言う理由なら面白かったのですが(

それから、京浜運河沿いを五分ほど歩いて行きます。

ちゅうりんじょう
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
浜松町行き f7.1 1/1250 ISO400
東京都品川区

頭のすぐ上を通過していくモノレールはなかなか新鮮です。軌道関係をよく見たい人は、この辺りに来るといいかも。
ちなみに、この場所は駐輪場となっていますが、普通に通りぬけしていいようです。(係員さんに確認済み)

そして、撮影地に到着。

かもめばし
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
かもめ橋 f7.1 1/1600 ISO400
東京都品川区

京浜運河にかかる歩行者自転車専用の斜張橋です。このタイプの橋は、どうも種類が覚えられません。エクストラドーズド橋とかなんとか……
今回は、ここから天王洲アイル方面を向いて撮影です。

1000
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
1000形(1006) f7.1 1/1000 ISO400
東京都品川区

背景に建物を入れて。有名撮影地だけあって、ボクでもなかなかいい感じになります()
ずく出して55-250に変えたほうが良かったかもしれませんね。
何本か撮影してて、ようやく2000型も撮影出来ました。

2000
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
2000形(2046) f7.1 1/1600 ISO400
東京都品川区

今度は思いっきり引きつけてみました。尻切れかと思いましたが、ピッタリと入りました。

この場所で撮影していると、橋を撮影している方から、何を撮っているかと声をかけられました。
いろいろお話していると、かもめ橋の建設に携わった方だそうで、当時の事やカメラのことなど色々とお話させていただきました。

そんな中でも何本か撮っていましたが、時間が迫ってきたので大井競馬場前駅に戻ります。

けいひんうんが
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
京浜運河 f7.1 1/1250 ISO400
東京都品川区


まち
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
八潮団地 f7.1 1/2500 ISO400
東京都品川区


モノレールに乗る前に、駅近くのローソンで飲み物を購入しようと歩道橋を渡ったところ、こんなブロックがありました。

ぶろっく
モノレールと首都高が目立ちますが、右奥にはかもめ橋、左には八潮団地が描かれています。あの橋は、地域のシンボルとなっているようです。
大井競馬場前駅に戻ると、何人かの学生がいました。東京モノレールは、通学需要もいくらかあるのですね。

大井競馬場前から浜松町へと戻り、次の目的地の東京駅へと向かいます。
お目当ては、昨年復元工事が終了した丸の内駅舎です。

どーむない
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
ドーム内部 f5.0 1/60 ISO400
東京都千代田区

このドーム内は、立ち止まると通行に支障が出るため、なるべく短時間で撮影を済ませるか、柱を背にして邪魔にならないようにするのがいいですね。
また、鳥が入ってきて巣を作らないために、ネットが張られているので、うまく目立たないようにするのも難しいところ。

次に、駅舎全体をおさめるために、丸の内南口からすぐのKITTEに向かいます。

きって
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
KITTE f6.3 1/640 ISO400
東京都千代田区

これは旧東京中央郵便局の一部を利用してできた施設です。歴史的価値の高い建物が一部だけ保存される事に対して、弟鳩総務大臣が視察で怒っていたなんてことも有りましたね。

きってないぶ
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
KITTE内部 f6.3 1/60 ISO400
東京都千代田区

内部は5階くらいまで吹き抜け。なんとなく攻殻機動隊2ndGIGの中国大使館っぽい雰囲気()いろいろなお店がありますが、今回の目的はそこじゃないので、6階の屋上庭園に直行します。
丸の内駅舎が見えるので有名とあってか、かなりの人がいます。ベンチや芝生もあり、まったりできそうですが、ほとんど人で埋まってるとか言う状況()

まるのうちゆうがた
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
丸の内駅舎 f7.1 1/160 ISO400
東京都千代田区

ひとまずこんな感じ。正面から駅舎全体をおさめるのは難しいですが、この確度なら携帯やコンデジでもうまく入ります。
丸の内駅舎は切妻部の3階は復元されているのですが、KITTEの屋上庭園からはその様子がよくわかります。

ふくげんぶ
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
丸の内駅舎 f7.1 1/160 ISO400
東京都千代田区

3階部分のレンガの色が違っているのと、窓枠と柱の色も上下で違っているのがわかります。
復元工事の概要はこちらに。
また、奥には八重洲口のグランルーフも見えます。

ぐらんるーふ
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
グランルーフ f7.1 1/320 ISO400
東京都千代田区

あちらはあちらで近未来的でいいですね。そういえば、20代のボクが想像する近未来って、昔っから2010年代なんですが、これ他の20代の人も同じなんですかねえ……遥か未来だと思っていた北陸新幹線延伸も気づけば一年を切り、来年には小田原に使徒が上陸する予定()エヴァも第3新東京市もできてないですが大丈夫ですか()

その後、友人と夕食のために秋葉原に移動。夕飯は二年ぶりくらいの雁川で牛すじチャーハンを。やっぱり美味しいですね。
それから秋葉原から東京まで徒歩。一本路地に入ると、コスプレ風の衣装をきた女性が一人でタバコを手に立ち、雑居ビルの看板には「ラーメン」「カラオケ」「安い」などの文字が浮かぶマッポー的光景が。忍殺のネオサイタマも大げさではなく、外国人から見た日本なんでしょうねえ……
そんな中、神田ふれあい橋を渡りました。ここもSteins;Gateに出てきた場所。一人で喜んでいました()

それから十数分、高架沿いに歩いて東京駅に到着。今度はグランルーフを撮影します。

ぐらんるーふ
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
グランルーフ f4.5 1/30 ISO400
東京都千代田区

こちら側は、2011年に来て以来です。そして工事をしていない八重洲口を見るのは初めてです。
丸の内側がレンガの「オレンジ」とスレートのレトロな印象に対し、こちら側は帆の「白」とガラスで未来的印象。駅の入り口でイメージを変えるというのはなかなかおもしろいですね。
その後、ペデストリアンデッキのスマートフォン機器の店や、地下街の散策した後に、再びKITTEへ向かいます。そして一番撮りたかった、丸の内駅舎の夜景を撮影。

やけい
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
丸の内駅舎夜景 f2.8 1/5 ISO800
東京都千代田区

風が強く、なおかつ手持ちは厳しいので、柵の上でカメラを支えるようにして撮影しました。「徒歩メインの遠征に三脚を持ってくと荷物になる」ということをようやく学習(?)したので、今回はもってこなかったのです。それに、ここしか三脚使いませんからね。
やけいびると
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
丸の内駅舎夜景 f2.8 1/5 ISO800
東京都千代田区

縦で、レンガ建築と高層ビル群との対比も。こうしてみると、不思議な光景ですね。

次に、行幸通りの中央に向かい、駅舎を正面から狙います。が、

やけいしょうめん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
丸の内駅舎夜景 f2.8 1/10 ISO800
東京都千代田区

17mm(35mm換算で約27mm)だと左右が切れてしまいますね……次のレンズは超広角で決まりでしょうか()

その後、友人と上野駅まで移動。宿に向かう友人と別れ、ボクは新幹線で帰ります。

く
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
啄木の句 f2.8 1/60 ISO400
東京都台東区

北の玄関口らしいですね。

それから都区内パスで入ったので、入場記録がないモバイルSuicaで改札に引っかかって駅員さんのお世話になり、夢だった新幹線でビールを飲んだ挙句、下車駅で寝過ごしかけて遠征は終了しました()
最後がかなりいただけませんが、久しぶりの東京を楽しむことが出来ました。
また近いうちに遊びに行って、今度はカメラの清掃や、柏のビール専門店、鶴見線などいろいろ楽しみたいですね。
スポンサーサイト

東京遠征(そのに)

2014.05.10 (Sat)
というわけで東京遠征そのにです。

5/3(そのに)
ひとまず秋葉原駅に到着。
以前に来た時には工事中で資材が置いてあった東北縦貫線も、ほとんど完成していました。

東北縦貫線
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
東北縦貫線 f7.1 1/800 ISO200
秋葉原駅

こうしてみると、かなりの勾配がありますね。

続いて、ホームの端にて山手線と京浜東北線を撮影。

けと
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E233系ウラ105編成 f7.1 1/800 ISO200
秋葉原駅

なんだかんだで、京浜東北線のE233撮るのは初めて。デーンと正面をアップで撮影。

やて
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E231系552編成 f8.0 1/800 ISO200
秋葉原駅

こちらも初撮影。何本も来るので撮影しやすいですね。

その後、二年ぶりに秋葉原に降り立ちました()

らじかんがわ
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
f8.0 1/1600 ISO400

Hacking to the Gateが自然と脳内再生される。そして彩度を下げていろいろいじってアニメ風に。

あにめふう
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
f8.0 1/1600 ISO400


まずは裏通りへ一直線。

うらどおり
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
f8.0 1/200 ISO200
東京都千代田区


三年前に閉店したリナックスカフェ跡地へと向かいます。
結局、三回ほどしか行けませんでしたが「リナカフェに行けば誰かいる」というような場所でした。
「ビルの改装のための閉店」とのことでしたが……

りなかふぇあとち
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
f6.3 1/200 ISO200
東京都千代田区

残念ながら、ビルの改装が行われている様子はなく、区有地となっていてそのままの状態でした。
右の柱のロゴの上に貼り付けられた「路上喫煙禁止」の張り紙が悲しい。
その後、様々なお店を見て、前から行ってみたかった「牛丼専門サンボ」が、今日は営業していることを確認。また、何度か行っていた鉄火丼などが安くて美味しく、おばちゃんもやさしい「さか井」が閉店していることも確認しました。残念です。
お昼にはまだ早く、東海道線で撮りたいものがあったのを思い出したので、ひとまず田町へ。

まずは、品川側のホーム端で目的の伊豆急2100系を狙った……のですが、京浜東北線に見事かぶられるという()
都会では、田舎や地元だと全く考慮しなくていいような事を、いろいろと考えないといけないのは大変ですね……

ひとまず、被ったのは東京への回送なので、折り返しの営業列車を撮影することに。
それまで山手線など撮影して待ちます。

めんたて
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E231系536編成 f8.0 1/1000 ISO400
田町駅

やっぱりカッコイイですね。
そして、伊豆急の折り返しが来る前にこんなのも。

E217
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E217系F-03編成 f8.0 1/1000 ISO400
田町駅

ピントも甘く、おでこが太陽拳状態()二編成しかいないという東海道線のE217系に遭遇できました。
それからしばらくして、折り返しがやって来ました。

りぞーと
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
伊豆急2100系アルファ・リゾート21 f8.0 1/1000 ISO400
田町駅

ひとまず撮影出来たので満足。
このあと、東海道線をもう一本撮りました。

E231
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E231系?編成 f8.0 1/1000 ISO400
田町駅

ピントが微妙……もうちょっといろいろ勉強ですね。

その後、品川駅に移動。数年前に撮影したこいつを再び撮影。

ぽすと
郵便車の形になっている、なかなかおもしろいポストです。無理やり変形させたという感じではなく、ぴったり過ぎるデザインですね()

それから再び秋葉原へ。

でんきがいぐち
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
秋葉原駅電気街口 f8.0 1/1000 ISO400
東京都千代田区

ここでレンズを交換して撮影していると、外国人夫婦に声をかけられました。英検n級の力を舐めてはいけない。丁字不利でカットイン食らったために一撃で轟沈しました。ほとんどJR線しか覚えてないから知らんよ。

そんなこんなで初サンボ。携帯禁止という有名なルールの張り紙が有りました。
食券を渡して数分で出てきましたが、非常に美味しかったです。お肉が柔らかい。

その後、向かいのドスパラでヘッドホンを買ったり、グーグル・グラスをかけてみたりと、いろいろしていました。
目的もなく、いろんな路地を歩いたり、カメラ店やジャンク屋などいろいろ見て回りました。

しんらじかん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
新ラジオ会館 f8.0 1/12500 ISO400
東京都千代田区

人工衛星型のタイムマシンが突っこんだから建て替え……というわけではない()
2014年7月にオープンらしいので、またその頃来てみたいですね。ビアホールもあるらしいので

まんせいばし2014
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
萬世橋2014年 f8.0 1/640 ISO400
東京都千代田区


まんでいばし2011
SONY DSC-W35
萬世橋2011年 f8.0 1/1000 ISO400
東京都千代田区

2011年と2014年で同じように撮って比較。後ろのビルや高架下などいろいろ変わってますね。

ふね
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
神田川 f8.0 1/640 ISO400
東京都千代田区

おばちゃんたちに手を振って、旧万世橋駅を利用した商業施設へ。

かわぞい
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
デッキ f8.0 1/500 ISO400
東京都千代田区

川沿いはデッキになっています。

いりぐち
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
入り口 f5.6 1/320 ISO400
東京都千代田区


こうかなか
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
内部 f5.6 1/80 ISO400
東京都千代田区


ないぶに
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
内部より外を見る f5.6 1/640 ISO400
東京都千代田区

高架下は、雑貨店やカフェなどになっています。アーチがそのまま使われており、いい雰囲気となっています。

旧万世橋駅プラットホームへ登る階段は、旧駅時代のものをそのまま使用していて、途中には万世橋駅を紹介するタッチパネル式のモニタや、当時使用されていたポスターなども設置されています。

たっちぱねる
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
タッチパネル式モニタ f3.2 1/100 ISO400
東京都千代田区

プラットホーム部分は半分がカフェ、もう半分は展望スペースとなっており、中央線の列車や当時の駅の一部、再現された駅名票なども設置されています。

ちゅうおうせん
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
展望デッキ(E233系H52編成) f6.3 1/800 ISO400
東京都千代田区


まんせいばしいちぶ
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
ホーム上屋基礎 f6.3 1/640 ISO400
東京都千代田区


えきめいひょう
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
駅名票 f6.3 1/500 ISO400
東京都千代田区


かどうきょう
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
架道橋の表示 f5.6 1/320 ISO400
東京都千代田区

味のある架道橋の表示。
この付近には、肉の万世のカツサンドの売店と、Maker御用達の、怪しいパーツ屋「日米商事」があります。三年前から変わってない品あるんじゃないかと思うくらいにそのままでした()なつかしい。

万世橋駅を訪れた後は、浜松町に向かいます。お目当ては初乗車となる東京モノレールです。
そのさん」へ続く。

東京遠征(そのいち)

2014.05.10 (Sat)
5月3日に東京に行ってきましたので、諸々の写真を。多いので何回かに分かれます。

5/3(そのいち)
いままでE7系は撮影するばかりでしたので、E7系で運行されるあさま504号で東京へ。

あさま
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
あさま504号(E7系F5編成) f5.0 1/125 ISO200
上田駅


今回乗車するのは、現在のところ営業運転に入っている最も新しいF5編成でした。車内は新車の香りというか、新品のシートの香りでした。

座席下からインバータの力()を感じつつ、大宮駅で下車します。

おおみやいーなな
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
あさま504号(E7系F5編成) f5.0 1/125 ISO200
大宮駅


こうしてみると、E7は風防の形状も合わさって、丸っこい印象ですね。
あさまを見送った後、ホーム端でしばし新幹線を撮影します。

いーご
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E5系U7編成+E6系Z17編成 f8.0 1/1000 ISO200
大宮駅

先日、320km/hの営業運転を始めたこのコンビ。E7と比べて見るとなかなか面白い。

まどわり
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E2系J9編成 f8.0 1/800 ISO200
大宮駅

上越新幹線に異動したJ編成。0番台と1000番台とで窓割りやドア構造が違っているのも撮影。

いーごいーろく
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E5系U28編成+E6系Z5編成 f8.0 1/800 ISO200
大宮駅

ふたたびの最速コンビ。後ろにもいて割合が高い。

いーよん
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E4系P52編成+P?編成 f8.0 1/640 ISO200
大宮駅


でかい(小並)一度二階に乗って新潟まで行ってみたいですね。

その後、宇都宮線と京浜東北線を乗継ぎ王子駅へ。目的は、都内の有名撮影地である「北とぴあ」の展望台です。

ほくとぴあ
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
北とぴあ(ほくとぴあ) f4.5 1/2000 ISO200
東京都北区


と、その前に、近くを走る都電荒川線を撮影。

とでん
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
8500形8501 f5.6 1/250 ISO200
東京都北区

来たのを撮ったら、8500型のトップナンバーに遭遇。調べてみると、こいつだけシングルアームパンタだったり、スカートが白かったり、いろいろと差異があるようです。
一本前の7018に乗っていた運転士さんは、(多分)タイフォン鳴らしていただきました。ありがとうございました。

撮影後近くの飛鳥山を登山して、高架沿いに歩いて5分で北とぴあへ。
最上階の展望フロアへ向かいます。

ほくとぴあふうけい
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
f7.1 1/250 ISO200
北とぴあ


展望フロアは、すでに5人ほどの親子連れや大砲担いだファンが来ていました。室内で空調が効いており、トイレもあるのに無料と、なかなかいい場所です。真ん中の30階建てマンションができると、流し撮り専用撮影地になるのでしょうか(
この他にも、奥に東向きの展望スペースが有るのですが、そちらは無人でした()まあ仕方ない。

つばさとE233
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
E3系L71編成 f7.1 1/250 ISO200
北とぴあ

こうしてE233と並ぶと、幅が在来線規格であるとよくわかりますね。長さは25mですが。
こんな感じで、ひとまず撮影していきます。

さんぼんへいけつ()
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E4系P?編成,E5系U?編成+E6系Z?編成 f7.1 1/400 ISO200
北とぴあ

世界一の自立式鉄塔と世界一の定員の高速鉄道車両と世界一の営業最高速度の車両……が、世界一のメガロポリスを走るという、よく考えると贅沢な風景(強引)

じぇい
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E2系J15編成 f10 1/60 ISO100
北とぴあ

比較的ビシッとできた一枚。一両全てを入れたほうが良かったかもしれません。

さいそくこんび
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E5系U26編成+E6系Z1編成 f10 1/50 ISO100
北とぴあ

再び最速コンビ。

そしてついにやって来ました。

しんとそう
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E3系L64編成 f10 1/50 ISO100
北とぴあ

何かと話題の山形新幹線用新塗装。実物を初めてみましたが、なんというかあっけにとられて併結してるE2系撮るの忘れてしまいました……
まあ、ブレやら構図やらはともかく、3日のベストショットは間違いなくこれでしょう()

数分後、またE2系がやって来ました。

N21
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E2系N21編成 f10 1/60 ISO100
北とぴあ

ま た お ま え(N21) か。
東京に来てまでN21編成に遭遇するとは思いませんでした。いや、新幹線って東京まで行くから上田で撮ってても都内で撮ってても遭遇するはするんでしょうけども。最近、新幹線撮影するとかならずN21見てるような気がするぞ……
とはいえ、せっかく普段来れないとこで普段撮れない構図なので、流しをしっかり決めたかった一枚。
毎度毎度言っていますが、上のJ編成と比べると先頭形状がシャープだったり、前照灯が2灯づつ仕切られていたり、屋根上も微妙に違うことがわかります。

N1
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
E2系N1編成 f10 1/50 ISO100
北とぴあ

そして今度はN1編成に遭遇。しっかり決めたかったですね。
元J編成のN21との違いもわかります。

そんなわけで北とぴあでの撮影を切り上げ、とりあえず秋葉原に向かいます。一時間ほど撮影していましたが、最後の方は「もう一本撮ったら」「もう一本撮ったら」と、数分おきに来るのでいつまでも居続けてしまいました。
そのに」に続きます。

あけぼの旅行(ふつかめ①)

2014.02.23 (Sun)
あけぼの旅行二日目です。

※特に記載の無い写真はEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIを使用。
高崎から乗車し、割と早めに就寝しました。
次の日の朝5時半前、ボックス内の人の目覚ましで起床。上段から降りる気力もなく、窓の外を見たところでどこかわからないので、ひとまずグーグルマップで現在地を確認の確認をしました。

ぐーぐる
SH-02E Screenshot

どこだよここ……
結局見てもわかりませんでした。(秋田県にかほ市でした)
そしてケーブルの接触が悪かったようで、寝る前に充電したはずの電池が切れる直前……

朝6時、B寝台での旅は羽後本荘駅にて終了。ここからは立ち席特急券で、座席として青森まで乗車します。
同じ区画の寝台の三人は羽後本荘で降りてしまいました。

しばらすると、空が明るくなってきました。

そと

長野よりも雪があります。
秋田駅であけぼのに何人かが乗車しました。

朝食を取りながら外を見ていると、沿線には何人かの撮影者がいました。雪原を行くあけぼのを撮れるのは、なかなか羨ましいですが、多分向こうの人も、こちらを見て同じことを考えてるような気がします。
時々、前の方で巻き上げた雪が、光りながら飛んで行く様子が印象的でした。

いーえふ

外は見渡す限りの雪原。明るすぎてなかなか設定が難しいです。

9時55分、青森駅に到着しました。

あおもり

到着後、まずは牽引してきた機関車の方へ。

そとに

初めて見る交流電機。それにしても人が多すぎてお祭り騒ぎです。人のカメラの前に平気で立つような輩に初めて遭遇しました。
乗り継ぎのスーパー白鳥までは二十分ほど時間があるので、いろいろ撮影します。

あけぼの
後ろのヘッドマーク

かいそう
引き上げのDE10

めぢから
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II
眼力 f5.6 1/500 ISO200
青森県青森市


じょせつ
除雪機械扱いのENR-1000

あおいもり
すさまじい雪

てんりりん
突然やってきた天理臨

撮影しているうちに、乗車するスーパー白鳥がやって来ました。
指定席は7号車。車両の号数を見ながら移動していきます。

まかいぞう

あっ……(察し)

やってきた789系スーパー白鳥は、増結に魔改造の785系をくっつけていました。わかるでしょうか、この明らかに運転台の窓を塞いだ形。

もは

形式はちゃんとモハ。ちゃんとってなんだ。

まかいそうに

貫通扉も微妙に高さが違う……
そして、7号車はこいつでした。友人と大爆笑。
とはいえ、あと二年しか体験できないので、なかなか貴重です。この手の車両はなかなか転用しづらいはずですし。

つうか

座席には、青函トンネル進入、最深部通過予定時刻などが書かれていました。ダイヤ改正で毎回張り替えるのでしょうか……

青森駅を発車してしばらくすると、左に北海道新幹線、右に陸奥湾が見えます。
青函トンネル進入の時は起きていたのですが、最深部では見事寝ていました。
トンネルを出ると、外は曇っていました。青森では晴れていたのですが……雪も青森以上。これが試される大地か()
そんなことを言ってると、北海道新幹線と別れて木古内に止まりました。

それからまた一時間ほどで、ようやく函館駅に到着しました。

はこだて

ここまで、18時間の移動でした。下を向くと揺れてなくて気持ち悪いとか言う陸酔いのような状況に。
そんなわけでまた続きます。

あけぼの旅行(いちにちめ)

2014.02.14 (Fri)
1月末に、寝台特急あけぼのに乗って旅行に行ってきました。その時の様子をダイジェストで。

※特に記載の無い写真はEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIを使用。
仕事終了後そのまま最寄り駅へ向かい、まずは長野へ。
二本遅れるとあけぼのに間に合わないという半綱渡りスケジュールでしたが、幸い特急しなのが信号待ちで数分遅れる程度で、問題なく乗り継ぐことが出来ました。

長野駅からは新幹線に乗ります。

E2

この隣のN7編成で高崎まで向かいます。
普段新幹線を使うのは、東京に行くときのみなので高崎で降りるのは初めてでした。

高崎では切符をとってくれた友人と待ち合わせ。在来線乗り換え改札口の電光掲示板には、すでにあけぼのの表示が有りました。

でんこう

さすがに気分が高揚します、もとい、普通に大事興奮でした。
あけぼのの青森到着は10時過ぎなので、朝食を確保したいのですが、さすがにNEWDAYSは閉店済み。ひとまず途中下車してペヤングの看板の撮影や、駅前のコンビニなどに向かいました。

一時間ほどして、あけぼの到着。先頭まで行って悠長に写真とってる時間はないので、初のズーム流しで狙ってみました。

ずーむながし

寝台特急あけぼの参上、というより惨状。
ピント迷子&中心からずれてる。慣れないことはするもんじゃないですね……

今回はコンパートメントに四人分の寝台がある、B寝台に乗車します。

びーしん

乗車前に、近くの幕をささっと撮ります。

まく

これに乗って寝ていれば、明日の朝には数百キロ離れた青森につく。あまり実感がわきませんが、興奮して挙動不審気味に初の寝台列車に乗車します。


しんだい
こちらが寝台(隣の人の)。4号車3番上段でした。
通路の天井裏を利用した荷物置きスペースなど、を体験出来ました。JRマークのついた浴衣などもありました。

はしご

これが上段に登るはしご。真ん中の柱に収納することができます。
ところで、私達が乗車した時に、下段のご老人が景色を見ながらウィスキーを飲んでいたのですが、まあ美味しそうに見えること見えること。
普段、ウィスキーをそのままで飲むことなんて無いですし、あまり好きではないのですが……不思議なものです。

上段では風景も見えないので、バッテリで携帯を充電して就寝。短くも一日目の旅が終わりました。
続く。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。